Blog

いま、上陸した未開の孤島で

あー

本当に駆けった!!!

久しぶりにこんな感覚、

もう体力ないよ・・・・・と限界を感じても、

人間、思い一つで立ち上がれる。

 

こんなに寝なかったのいつ以来だろう。。

やっぱり「趣向の華」以来かな^^

 

この疲労しきっているけれど、

まだ敏感にシナプスたちが身体中を走り回っている感じ、

好きだー!!

流石に、今週明け、身体が赤信号を灯しましたが・・・・・

とりあえず、もう少し頑張ったら、寝ます!!

 

♦️ART歌舞伎♦️

ご観劇くださった皆様、

ありがとうございました。

最後の最後まで、

ほんとうにしつこくSNSでの宣伝、

飽き飽きしていた方がいたらごめんなさい。

 

ゼロから突如に始めるということは、

まさにこおいうことか!!と、

 

感じる場面が多々あったのは事実。

 

しかし、

この♦️ART歌舞伎♦️は、

いくら中村壱太郎が立ち上げたと言っても、

そこに最高の仲間たちがいなかったら無理だったことは、

もう皆さんも分かってくださっていると思います。

 

尾上右近。

けんけん。

もうこれからもお願いします!

付いてきてね!

付いていかせてね!

最高の親友であり戦友だと僕は思います。

 

花柳源九郎さん。

完全に今回のキャストの中では兄貴分。

沢山助けてもらいました。

でも、まだゆっくり飲めてないから、

早く飲み語りしたい人、No.1^^

 

藤間涼太朗さん。

突き進んでくれた、

とてつもなく考えて振り付けてくれたと思う。

その思いが踊りからも、行動からもすべてに感じる!

踊りの発想の立役者です。

 

中井智弥さん。

もう初めて合わせて踊った時から、

何も僕は申すことなく、

ただただその音色に委ねるだけで、

気持ちよく、美しく音をまとって踊れる。

稽古初日、こんな感覚初めてだった。

 

浅野祥さん。

三番叟をこんなに格好よく掌握してくださるとは!

歌も三味線も全てが、心に届く!

いつかいつかが、やっとできた共演!!

嬉しさもひとしお!!

 

藤舎推峰さん。

いつもは舞踊会や演奏会でお会いする。

僕は今回、確実にいつもとはまた違う姿、

いや!真の最高のアーティストぶりを、

改めて目の当たりにしたと思う。

次、違う現場で会ったらどうなるのだろう^^

 

山部泰嗣さん。

普段の空気からは感じえない気迫が、

スイッチオンになると漂いまくる!!

なんであんなに切り替えできるの!!

すごい人だぁ。太鼓と共に生きている人だと思う。

 

友吉鶴心さん。

まずはけんけんご縁をありがとう。

大人だけどお茶目、そして博学。

ほんと担任の先生みたいに寄り添ってくれて、

一緒に楽しんでくれて、

見守ってくださっていたと思う。

琵琶の太郎くんにも感謝。

 

そして、そうだよ!

若旦那!!

新羅慎二さん。

ほんとうに一緒にやろうと言ってくれてありがとう。

必ず恩返ししたい!

そして、また一緒に創りたい!!

 

でも、本当は、

その若旦那さんとの最初の縁をつないでくれた、

僕のSFCの後輩がいなかったら、

ART歌舞伎はもとより、

若旦那さんと親しくなるきっかけもなかったと思う。

クレジットにも書いてあったから、名前出しますね!

制作の西久保有里。

彼女には感謝しかないです。

ありがとう。

 

ノボさん、タクティーさん、篠崎さんのことは、

また改めて綴らせてください!!

他のスタッフさんたちにも、

感謝や嬉しき思いがありすぎてありすぎて!

インスタライブ に間に合わなくなる^^・・・・・

 

とにかく!

7月1日は、

キャスト9人と最高のプロデューサーと、

素晴らしきスタッフ陣営のみんなと、

最高のセッションを靖國神社の能舞台で行えたと思う。

 

♦️ART歌舞伎♦️な日々は、

大変ではあったけれど、

その大変さが、全て辛くなかった。

それは全て、

ART歌舞伎のキャスト、スタッフのみんなのおかげ!

こんな素敵な環境で舞台が創れたこと、

これだけでも奇跡だと僕は思う。

この感覚、この思いを忘れたくない。

またこのイマジネーション合宿的な環境作りたい!

また進化した形で戻れるべき基盤を作らなきゃ!!

そんな思いで、7月12日に「配信公演」を終えてからも

これで終わりではない!結果を出さなきゃ!と、

今日まで正直、我武者羅に必死だった。

そして遂に♦️ART歌舞伎♦️は、ひとまず終演を迎えた。

 

そんな動きと共に、

立て続けに大きな大きな “衝撃” を受けた。

 

 

先日、

僕の大好きで尊敬すべきアーティストさんと、

久しぶりに話し、感謝だった。

先輩でありながら、友達仲のようにいられる幸せ、

いろいろなことを見つめ直した。

波長が合うってこおいうことかな?

どう生きていくのかな?

才能ってなんだ?

とか、

 

また、

まーくん(片岡千之助くん)とのインスタライブ では、

これからの、ヤング世代の凄さ、可能性に気づかされ。

 

そして、

「EBIZO TV 團十郎 白猿」にも出演させていただきました。

海老蔵のお兄さん、ありがとうございます。

お話ししていて、また沢山の思いが脳内を巡る。

海老蔵のお兄さんの仰っていた「アナリィクス」と、

僕が頭でイメージしていた「アナリシス」。

すぐに繋げられなくてごめんなさい。

ちゃんと根本も再度勉強しなきゃだな。

ニュアンス、実態は分かっているつもりでも、用語が・・・・・

これからも、世の中の動き、先輩方の動き・考えには、

常に敏感に、そして貪欲に駆けていきたい❗️

多くの先輩に、これまでも助けられています。

ほんとうに、これからも!

 

さらに、

三浦春馬さん。

春馬さんとは同い年。

 

これまでの「歌舞伎公演のない5ヶ月」

大きく僕の脳中の奥底を抉っていかれた気がする。

来月30歳、果たしてこの先をどう構築しようか!?

 

新たなに漕ぎ出したイカダは、

やっとっ僕のまだ見ぬ孤島に到着、いや漂着した。

さぁ、これからがさらに大切。

 

ちょっとここで、

「見つめ直し時間」、

今までは考えなかった、

「休息時間」を取ろうかな。

 

見落としていることがいくらでもある気がする。

そんなこと思ったり、

まだまだトラブルシューティングできていない自分。

止まれない自分。

いつしか事故るなと思っていても、いつもギア6な自分。

 

これからも、

どう転ぶかわからないけれど!

中村壱太郎をお願いいたします!

 

多分・・・・・

結局、走り続けていると思うけれど^^

 

まずは直近❗️

明後日、7月23日、14:00-

連休の始まりは、「お家で落語^^

僕と一緒に「落語時間」、楽しみましょう!

詳細は「Works」の項目をご確認ください!

 

そして、8月1日より、

いざ、歌舞伎の本公演、

歌舞伎座での「連獅子」の日々が、

始まります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

忘れかけコロナ、壊れかけの身体

ART歌舞伎の稽古場に向かうのに、

渋谷の街中を通る、

スクランブル交差点を歩く、

渋谷駅からバスに乗る。

 

どれだけの人がコロナの危機感を感じているのかな?

と、ふと思う。

「慣れ」という言葉は、どんなことに対しても怖いものだと思う。

 

今、「ART歌舞伎」はまさに、ラストスパートにかかっています。

新羅慎二さん・若旦那さんと話し始めてから、1ヶ月と3週間。

ここまで来たのかと実感すると共に、

演じる・踊るだけではなく、

制作、脚本、演出、振付をする楽しさ、そして大変さ、

身体の限界を感じるけれど、この極限状態が本当に楽しい!!

僕はこのギリギリが好きなのだと改めて実感。

 

でも様々、自分で行うことで、人に迷惑をかけることも目の当たりにしている。

請け負える限界、そしてピリピリしてしまう自分・・・・・

これは一番いけないこと、今日の稽古場で痛感。

追い込むのは自分の中だけでいい。

外にそれを出してはいけない。

 

そんな時こそ、仲間が助けてくれるものかと思った。

けんけん、本当にありがとう!

今日も稽古場を和やかな空間にしてくれて、そして一緒に踊れて!

源九郎さんはいつも鋭くも広く作品を観てくれている!

真っ直ぐに意見を言って、すぐに行動してくれる涼太朗さん!

智弥さんの箏、祥さんの津軽三味線、たいちゃんさんの太鼓や情景描写、

推峰さんのお笛、友吉さんの琵琶!

 

ノボルさん、タクティーさん、篠崎さん、夢画さん

には、お忙しく、製作期間も少ない中、

最後まで無理を言いっぱなし・・・・・

それでも進んでくれる温かさ。

 

RRDチーム主軸のスタッフメンバー

KSRの制作部、

そして、若旦那さん。

まず、ここで感謝です。

 

そして、まだまだ高められる!

やります!

 

7月12日、日曜日、19:30 〜

是非、この瞬間をリアルタイムで観てください!

 

でも、なんだか沢山のチケットがあってよくわからない!!という方、

ご安心ください!!

 

ローソンチケット」と「e+ / 副音声版」の2つセットをお勧めいたします!

配信公演の本編でしか、観られない映像もありますし、

アーカイブでしか観られない映像もあるのですよ^^

ふふ ^ _ ^

 

2度楽しんで欲しい!

「創る」喜びをお客様にも味わって欲しい!!という思いです!

 

壱太郎、20代最後の大勝負!!

ぜひ、この勝負の場を、

皆さんも共に体験してください!!

 

必ずや、観たことのない、美しき世界へ、

皆様をお連れいたします!

 

あ!その前に!

本日、6月28日、25:40-26:40、

深夜にラジオやりますよ!

MBSラジオ (AM1179 / FM90.6) 「中村壱太郎のいざ!かぶかん!

1時間、今、思うことをたくさん語りますよ^^

 

是非、聴いてね!!

 

いいんですよ!

週の始まりから夜更かししても^^

 

 

 

 

 

 

 

 

 

守りに入る 「個人意識」

動きました。

 

もちろん、

「何かを始める」ということに対して、

どれだけ準備し、慎重になっても、

賛否両論はあるもの。

 

そして、

それを覚悟の上で、冒険しなきゃつまらないこと!

 

YouTubeチャンネル

「かずたろう歌舞伎クリエイション」

5月22日に所信表明の「口上」を始めてより、

「ひとりで拵え ー化粧編ー」

「ひとりで拵え ー衣裳・床山編ー」

そして、

「 創作舞踊 第一弾 『祈望』」

 

先ほどTwitterでも少し述べましたが、

もちろん自分がやりたい!!という思いがあった上でのことだけれど、

衣裳さん、床山さん、演奏家さんをはじめ、

歌舞伎・日本舞踊に関わる専門職の方々と、

「今こそ、何かがしたい」という思いがとても強くありました。

 

衣裳1着、鬘1枚、音楽ひとつで、

何か現状が変わるわけではないのだけれど、

小さな動きでも、何とかしたいとの一心です。

 

経済活動が本格始動したら、

緊急事態宣言下以上に、

「何を信じ」、「どう行動するのか」、「共に生きるのか」を、

常に考えさせれるようになると思います。

その上で、

コロナ禍で生まれた様々な「守りに入る個人意識」と、

「娯楽」はどう闘っていけばいいのだろうかと強く考えます。

 

生半可な気持ちじゃできない。

でも、何かしなくては変わらない。

動くタイミングも「正解」と「不正解」が日々1日単位で変化する今。

 

リモートワークが進むと、

仕事のパフォーマンスがはっきりわかるようになったと言うけれど、

どれだけリモート化されても、

そこに「日本人精神」として、

最後には「対面での関わり」、「人間らしい繋がり」は必要とされ続けると僕は思っています。

 

そうならなくては、

「人間味」のあるものは、

すべて「いらないもの」とされるだろうから。

 

「人間業」で生きるのに必死です。

 

常に、

「画面の中の娯楽」と、

「生の娯楽」の配分を、

予測して動かなくてはいけないと思う。

 

現状として「動画配信しかできないから」と、

全てをバーチャル内で出し切ったらいけないと思う。

 

物事の裏の裏の裏まで考えて行動しなくてはと。

 

夏のインターハイや甲子園を思うと、

「積み重ねてきたことを証明する舞台」は絶対必要なのだと感じる。

特に学校生活という限られた時間の中で。

どうしてもやるせない気持ちは、自分が学生だったらと思う。

 

「ラマンチャの男」を改めて観る。

「事実とは真実の敵なり、

本当の狂気は、

あるがままの人生に折り合いをつけて、

あるべき姿のために戦わないことだ」

 

まさに、今、負けたくない。

どこかに自分が「やるべきこと」、「できること」がある限りは、

止まりたくないです。

 

6月が正念場。

7月に成果を出せるように!

全力でいきます!!

 

まずは、

今、様々計画している中でも、

表に出せているのは、

YouTubeチャンネル

「かずたろう歌舞伎クリエイション」のみですので^^

 

どうか、この企画が軌道に乗りますよう!!

皆様、ご協力を、切にお願いいたします!!

 

「創作舞踊」と「メイキング」の交互配信!!

必ずや継続させていきたいので、

応援、お願いいたします!

 

朧月夜、

皐月最後の夜。