Blog

舞台・芝居・役者って、何だ?

 

毎朝毎夜、問いかける。

今、どう生きるか、どう過ごすか、

全てが繋がっているなと思う。

経験したことない現象は想像でしかない、

でも人の想像力は無限大。

初めての体験、自分にたくさんのことを問いかけ、

人の芝居を観て、感じ・・・・・

色々な思いが混沌と巡り巡って、あと6日。

いよいよ来週末、

「オフシアター歌舞伎」の幕が開ける。

 

全力でその場の空気を感じ・闘い、

赤堀さん、獅童さん、このカンパニーを信じ、自分を創り、挑みます。

11,500円、9,500円、7,500円、

それぞれの席でお客様が観終わった後、何を感じるのかな。

 

深夜3時、眠たいのに眠れない。

さぁ、明日はどうしようかな。

 

なんだか全く纏まりなくてごめんなさい。

でも本当に全力で命かけて「女殺油地獄」に向き合っています。

この瞬間を絶対に観て欲しいです。

 

天王洲・寺田倉庫   /   歌舞伎町・新宿FACE

オフシアター歌舞伎 〜 女殺油地獄 〜

 

 

 

 

 

 

時間の使い方  と  感謝の受賞

 

人それぞれ。

「自由な時間」って皆さんの中ではどんな定義ですか?

 

何かこの頃、

仕事とプライベートの境界がよく分からなくなっている^^、、

でも、それは仕事がとてつもなく楽しいということで、

何もかもを無駄にしたくないからなのかな?

舞台生活が有意義で!!

だからこそ隙間の時間も「これでもか!!」と楽しみ、研究する。

ノンストップな人生。

 

このライフスタイル、いつまで続けられるのだろうか〜

30歳になったら変わるかな^^??(笑)

その時にはオリンピック真っ只中!!

 

さて、博多座の舞台も無事に終わり、

今年初めてゆったりと東京に戻ることができた^^

溜まりに溜まった事務作業やら何やかやと済ませるのに一苦労。。

 

 

そう!帰京の道中、

新幹線の車内で「 葛 城 事 件 」と言う映画を観たのです。

この作品は5月に「オフシアター歌舞伎」にて、

「女殺油地獄」の脚本・演出・出演を勤められる 赤 堀 雅 秋 さんの作品。

人間の闇・悲しさを考えさせられ、それが自然にあることを恐怖に思い、

そして精神的にやられて感動した。

犯罪者の心って? それを取り巻く環境って?

4月中旬より始まるお稽古がよりドキドキなものとなりました・・・・・

 

 

そして年度の終わり、新年度の始まりを感じる事件が!

朝時間、ほとんど部屋の片隅で流れているRadio!!

J-wave 「 STEP ONE 」!!

アシスタントの寺岡歩美さんが番組卒業とは!

テリー ( > < )

とても感動して聴いてしまいました。

これまで素敵な朝時間をありがとうございましたm(_ _)m

Sugar Me 聴こう^^

 

 

昨日、3月28日はとても嬉しい日でした。

この度、第40回松尾芸能賞新人賞を受賞させていただきました。

上方歌舞伎を基盤にこれまで様々演じてきた成果を表彰していただけたことが、

大変に嬉しく、感謝です。

 

また、

幼き頃より公私共々お世話になり仲良くしていただいている藤間勘十郎ご宗家が優秀賞、

16歳の「鏡獅子」の折に立唄をお唄いくださった杵屋東成さん、先日も「男舞」で立三味線をお弾きくださった杵屋勝禄さんが優秀賞、

さらに、

1月久しぶりに共演して仲良くさせていただいた本年89歳、スーパーおじいちゃんな市川寿猿さんが松尾國三賞、

そして、

成駒家の古参のお弟子さんで、これまでも数々のことを教えてくれて、ずっとずっと支えてくれている中村寿治郎さんが松尾波儔江賞を受賞。

たくさんの縁ある皆様とご一緒の受賞だったこと、

そのご縁に感謝し、その喜びは何十倍にもなりました。

 

あと!!何と言ったって、この賞は昨年、尾上右近くんが受賞している!

この偶然というか、やはり共に生きているなと(^。^)/

受賞したことを一番始めに伝えたのも、けんけんでした(笑)

共に戦場を駆け抜けていく同士と共に受賞できた気持ちでもあり、

またこれも最高の巡り合い!

これに奢ることなく、これからも高みを目指します!!

 

 

そしてラストに!!

本日!!

3月29日、23:00 – 23:55

NHK Eテレ 「にっぽんの芸能」

若き家元二人の初共演!舞踊「蝶の道行」

 

2月の日本舞踊協会公演で、

猿若清三郎さんと踊らせていただきました「蝶の道行」が、

早くも地上波初登場です!!

とても素敵な世界観なので是非ご覧くださいませ!

いつか歌舞伎公演でも上演したい^^

 

さぁ、桜も満開となりいよいよ春本番!

卯月の舞台、更に懸命に勤めてまいります^^

 

 

 

 

 

 

インプット期間

 

大晦日に更新とか言っておいて、、

ここまで先延ばしにしてしまいました。。

本当にごめんなさい。。

 

インスタとか、もはや放置やったし、、

 

言い訳になりますが、

本当に時間って限られていて、

24時間しかなくて、

今できることは何か、

今やるべきことは何かを思い、

今を生きようと思うと、

必ず時間って足りないんです。

 

そうこうしているうちに如月。。

どんなに遅くなっても絶対に約束は守ります!

去る12月23日に行われた、

第2回、壱太郎を囲む会!!  in クリスマスの夕べ^ – ^

その時にお答えできなかった質問に、まずは答えていきます!!

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ご自身のグッズを作るとしたら、何を作りたいですか?

→ この前の会にあたって、初めてチケットケースと便箋を作りましたが!次は何にしようかな^^・・・・・ クッキーとか!

 

昨年(2017年) 鴈治郎さんミュージカルに挑戦、壱太郎さん興味は?

→ ミュージカル大好きですが!!自分は歌えないので、、まずは歌唱からちゃんといつか習おうと^^

 

何か挑戦して観たい役は?

→ 今は「神霊矢口渡」のお舟ですね!!

 

最近ハマっていることは?

→ 現代アート と パソコンのデスクトップ整理

 

上方歌舞伎の繁栄のため今後どうしていくか?

→ 上方の役者が上方の色を残せるように、努力を怠らないように自分を作る

 

10年後のご自身は?

→ さすがに、、少しは落ち着いた生活を送っているかと、、いや、送ってないかな^^(笑)

 

お芝居以外で今一番やってみたいことは?

→ 剣術

 

自主公演を考えていますか?

→ はい!

 

「酒屋」のお園や、「時雨の炬燵」のおさんをやってほしい!

→ やりたいです!!上方の女をたくさん演じたい!!

 

お染の七役で一番好きな役は?

→ 一瞬しか出てこないけれど、黒の出の衣裳を着ることが出来た喜びから、小糸かな^^

 

自分を動物に例えると何?

→ 一角獣

 

演じて観たい、やってみたい動物は?

→ 梟

 

おじいさま、おばあさまからの印象に残っている言葉は?

→ 祖父・藤十郎「お客様が入らないと分からないからね」

→ 祖母・扇千景 「あなた宝塚好きなのね」

 

舞台上で一番楽しかった瞬間は?

→ 予期せぬ事が起きた時

 

やって観たい役、やり続けたい役

→ 「曾根崎心中」のお初

 

らむ之助はお元気ですか?

→ はい!!ただ、、この頃、自分発信が苦手のようですm(_ _)m

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

会場で拾えなかった質問を中心に! 以上です^^

 

そして先月を振り返り。

1月に演じた役々のなかでも、今一度触れておきたいのが、やはり小春。

台詞も動きもなく、治兵衛と孫右衛門の芝居を受けている姿が邪魔にならずお客様がずっと観ていられる、観ていたくなる小春でありたいと腹でずっと芝居をしていました。

1月の公演を終えてからも落ち着く暇は全くなかった!!めちゃくちゃ辛いけれど、その極限が楽しくて^ ^

翌日は「 供奴 」を素踊りにて勤め。

翌週末には、

「 八犬伝 」の立鼓、「 英執着獅子 」の太鼓、「 二人椀久 」の大鼓を演奏!!

久しぶりに師匠の藤舎千穂先生とご一緒に演奏させてもらえたことが、すごく嬉しく、今まで演奏してきた中でも1、2を争う位に二人椀久の30分強の時間が心地よく、最高の瞬間でした!

 

そしてLondonへ!!

Twitterにも記しましたが、本当に嬉しく感謝感謝の旅でした!

Ganapatiの皆さん最高過ぎました!!

このご縁を大切にまた何か次なるアクションに繋がったらいいな^ ^

 

Londonでは、1日延泊をして!

レミゼラブルに興奮し感動し、躍動!!

また以前ラジオにゲスト出演くださったRie fuさんと再会!!

Londonの街並みやアートを見ながら、ルーツ・基盤というものについて話したり、豊かな時間を過ごせて嬉しかった^ ^

色々と絵のことも教えてくださり^^

現代アートならRothko、風景画ならTurnerが今のお気に入り!!

 

帰国!!

昨日は、京都芸術センターでレクチャーと踊り!

「 藤船頌 」と「 島の千歳 」を踊りました!!

 

そして今週末は憧れだった「 蝶の道行 」。

「世の中は夢か現かありてなき」

と始まる、蝶の道行。

美しすぎる世界観。。

「娑婆の昔を思ひ草」とあるように、2人はもうこの世に存在していないのです。

2人は女蝶男蝶となって再びこの世に現れ出でる。

出会った頃を思い出し、愛を深め、やがて三途の川のフレーズと共に雲行きは怪しくなる・・・・・

後半、

狂い死ぬ、、

「狂い乱るる地獄の責め」、、

壮絶、儚い。。

この作品は本当に好き!!

 

そして、ここにて告知!!

4月より関西方面にて深夜帯、

ラジオ番組が始まるよ^ – ^

詳しくはまた改めて~^ ^

 

あと大事なご報告!!

12月の歌舞伎座「お染の七役」の折、

写真家の瀬尾浩司さんが舞台写真、バックステージ写真を撮影してくださいました^^

Instagram にて一部の写真を公開させていただきます!!

これからも色々な表情を切り取っていただきたく、

ご縁に感謝!!

 

 

役者道、

役者は舞台に生き様がでる。

 

これからも常に貪欲に生きます。