Blog

夏の色々

 

6月、

計48回、

「神霊矢口渡」のお舟を演じることができました。

この喜びと経験を嘘にしてはいけない。

必ずや次に繋げたい!

 

ホッとする間も無く、

大阪!!

7月は、松竹座にて、

七 月 大 歌 舞 伎

女房、白拍子、女伊達、娘といろんな役柄を演じます^ ^

一つ一つがしっかり作品の中に溶け込み、

違った印象が出せるように工夫いたします!!

 

そして!!

8月は歌舞伎の本公演はお休みしますが、

毎年恒例の吾妻流の講習会を軸に、

2つの公演に出演いたします!!

 

 

 

1つ目は!!

8月13日、14日

 

こども歌舞伎スクール寺子屋生徒のみんなと!!

歌舞伎座ギャラリーの夏休み特別企画として!!

 

〜 夏休み 歌 舞 伎 自 由 研 究 〜

四 勇 者 友ト共二あめアメふれフレ〜 』

 

春虹、吾妻徳陽、中村壱太郎、

すべての名前を使って、

脚本・演出、振付、出演、

フル稼働します!!

 

今まさに、、

執筆中^ – ^

 

趣向の華ファイナル以来5年ぶりの本書き!

久しぶり過ぎて、、

ちょっとアワアワしていますが!

子供達と一緒に創る!!

大人も子供も楽しめるファンタジーな作品にしたいなと思っております^ ^

乞うご期待を^ – ^

↓↓

https://www.kabuki-bito.jp/news/5562

 

 

 

そして、

2つ目は!!

8月24日、

 

花 形 狂 言 2019 “THE LAST HANAGATA”  」

に出演させていただきます^ ^

 

「三代目、りちゃあど」での共演からのご縁で、

仲良くさせていただいている、

茂山千之丞さんにお声掛けをいただき!

狂言の世界へ単身飛び込みます(^ ^)

何をやるのかは・・・・・お楽しみ^ ^

↓↓

花形狂言2019 “THE LAST HANAGATA” 【ポイント】

 

 

 

8月、舞台の上に立つことは少ないですが、、

仲間たちが奮闘しておりますので^ – ^

是非、いろんな公演を観に行ってください!!

 

 

 

8月の暑い夏と言えば、、

そう!!「 晴 の 会 」^ – ^

今年で第5回!

肥 後 駒 下 駄

上方歌舞伎で共にこれから頑張っていきたい同志たちが創り上げる夏芝居^ ^

是非ご観劇を!

↓↓

8月2日ー8月5日

https://ameblo.jp/abeno-kabuki/

 

 

 

さらに!!

上方勢、8月末に勉強会があります!

上 方 歌  舞 伎 会

毎年ぼくもお稽古から拝見しているのですが、

ほんとうに勉強になる時間!

今年も楽しみ!

「寿式三番叟」、「熊谷陣屋」、「近頃河原の逹引」と、

狂言立てもとても素敵です^ ^

↓↓

8月24日、25日

https://www.ntj.jac.go.jp/sp/schedule/bunraku/2019/3254.html

 

 

 

そして、

つーたん^ ^

第2回目の「 蔦 之 会 」!!

昨年の第1回の会、面白かったな!!

今年は長唄の名曲「 吉 原 雀 」を踊り、

ぼくも大好きな!「 博 奕 十 王 」を上演^ ^

1日限りの特別な公演です(^^)

↓↓

8月15日

https://www.kabuki-bito.jp/sp/news/5520

 

 

 

 

さらに!

昨年、とても幸せな夏を一緒に過ごさせてもらった、けんけん!

「二人椀久」を共に踊れたことは最高の夏でした!!

今年は第5回、京都の春秋座でも公演があります(^^)

↓↓

8月28日、29日春秋座

9月1日、2日国立劇場小劇場

https://www.onoeukon.info

 

 

 

あ〜なんだか去年の夏が懐かしいなぁ〜

踊りまくっていたなぁ〜

楽しかったぁ〜

 

今年の夏も、いい夏にするぞ!!

 

皆さま、全公演コンプリートしてくださいね^ – ^

 

さて、パソコンに向かって作業の続きを!

 

時間はいくらあっても足りないなぁ。。

 

やりたいことはまだまだ沢山あるんだけれどなぁ〜

 

未来を見て生きなきゃ。

 

 

 

 

 

大好きです。お舟

 

5月29日、オフシアター歌舞伎 「女殺油地獄」の千穐楽を迎え、

6月2日、歌舞伎鑑賞教室 「神霊矢口渡」の初日を迎え、

ああ〜役者やってるなぁ!!

と心底思える、辛くも興奮する日々を送っております。

 

お舟、当たり前だけれど難しい、、

楽しすぎます!幸せです!

動き、台詞、心情、小道具の扱い、一目惚れの恋、父・頓兵衛への思い、

手負い、人形振り・・・・・

書ききれませんし、一言では表せません。

沢山のことを教えてくださっている、猿之助のお兄さんに感謝です。

 

また、

舞台稽古と初日を観に来てくれた祖父・藤十郎の思いも有り難く、

「人形振りをしっかりと一つの形にしなさい」と言ってくれたこと、

胸にしっかりと留めて、今日もまた人形振りを深めるために試行錯誤。

今回、人形振りを復活するにあたって、

創っていく工程で様々迷いが生じてしまい、

初日ギリギリまで方向性としての迷いが頭の中をよぎっていたのですが、

祖父の言葉や稽古を重ねて、しっかりと活路を見出せました。

 

 

まだ4回の本番を終えたのみ!!

ここからどんどん深めていきますし、

周りの仲間と話し合い、

一番お客様にお話とメッセージが届く「神霊矢口渡」を創り上げていきたいと思っております。

 

そう!!何と言っても、この6月の国立大劇場における歌舞伎公演は、

「歌舞伎鑑賞教室」!!

学生さんや外国人の方に「つまらない」と思われたら最後。

それを胸に、何か一つでも印象に残る公演になるよう毎回必死です。

この思い、何とかして伝えなくてはならない!!

また「歌舞伎、観よう!」と思ってもらうためにも。

 

もう「挑戦した」では終わりたくない。

結果として上演して「良かった」と思われる公演になるよう、

日々、貪欲に闘っていこうと思っております。

 

今回、本当に強く感じております。

一つの舞台を創り出す、創り上げるって、いくつの目があればいいのだろうと、、

お舟を精魂込めて演じるのはもちろんのこと、

舞台全体を公演全体を見られる目を養っていきたい!!

 

是非、この機会に歌舞伎を観て欲しい(^。^)/

 

しかも!!

歌舞伎の舞台としては破格の!!

1等席、4000円です!!

 

普段、1等席が10000円を切ることがほぼ不可能な歌舞伎公演において、

こんなチャンスは滅多とありません!!

これも歌舞伎鑑賞教室の素敵なところです^^

是非、間近で「神霊矢口渡 〜頓兵衛住家の場〜」を目撃してください!!

 

ちなみに!!お芝居の前についております「歌舞伎のみかた」は、

従兄弟の虎之介が!!

斬新で面白い、独自のスタイルで歌舞伎の世界へ皆様を誘ってくれますので^^

こちらも必見です!!

 

↓↓

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2019年 6月2日(日)~  6月24日(月)  
東京     国立劇場 大劇場
 

基本的に平日・土曜日は団体さん優先ですが、

毎週日曜日 (9日、16日、23日)   11:00 / 14:30

7日 金曜日    19:00   「社会人のための鑑賞教室」

17日 月曜日 14:30 / 19:00   「外国人のための鑑賞教室」

18日 火曜日    14:30  「外国人のための鑑賞教室」

は、チケットが取りやすくなっております!!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

あ!国立劇場での公演後に、

同じ演目が静岡県にも出張しますよ!!

こちらもご確認を^^

↓↓
6月26日(水)静 岡      グランシップ 中ホール ・ 大地

 

 

最後にいくつか^^

 

伝統芸能アーカイブ&リサーチオフィス TARO のWebサイトにて、

インタビュー記事が掲載されております!!

かなりのロングインタビューです^^

今年の2月に京都芸術センターで行なった、

「 継ぐこと・伝えること62 〈享楽×恍恍惚惚-男舞・女舞-〉」の内容を軸に、様々なことを語っております!!

読んでください^^

↓↓

伝統芸能アーカイブ&リサーチオフィス TARO

 

5月のある日曜日の朝、

久しぶりにワンピースを観た。

そうしたら偶然にもヒルルクの桜が・・・・・

あー、、一瞬のワンシーンでも色々と思い出し、涙。。

 

5月の初旬、、

久しぶりにパソコンを路上に置き忘れました。。

拾ってくれた方、築地警察署の方、

この場を借りて、御礼申し上げますm(_ _)m

 

 

 

 

 

舞台・芝居・役者って、何だ?

 

毎朝毎夜、問いかける。

今、どう生きるか、どう過ごすか、

全てが繋がっているなと思う。

経験したことない現象は想像でしかない、

でも人の想像力は無限大。

初めての体験、自分にたくさんのことを問いかけ、

人の芝居を観て、感じ・・・・・

色々な思いが混沌と巡り巡って、あと6日。

いよいよ来週末、

「オフシアター歌舞伎」の幕が開ける。

 

全力でその場の空気を感じ・闘い、

赤堀さん、獅童さん、このカンパニーを信じ、自分を創り、挑みます。

11,500円、9,500円、7,500円、

それぞれの席でお客様が観終わった後、何を感じるのかな。

 

深夜3時、眠たいのに眠れない。

さぁ、明日はどうしようかな。

 

なんだか全く纏まりなくてごめんなさい。

でも本当に全力で命かけて「女殺油地獄」に向き合っています。

この瞬間を絶対に観て欲しいです。

 

天王洲・寺田倉庫   /   歌舞伎町・新宿FACE

オフシアター歌舞伎 〜 女殺油地獄 〜