Blog

芸術の秋、2016年、今後の動き!!

 

まだまだ蒸し暑い中、

冷房はつけず除湿で過ごし、

残暑の雨の匂いを感じている今日この頃。

 

「三代目、りちゃあど」シンガポール公演。

お客様の反応が野田秀樹さんの高度な言葉遊びの面白さも、

しっかりと分かってくださっているリアクションで、

とても嬉しく、心地よい環境の中、3回公演勤めてまいりました!!

演劇・シェイクスピアへの教養高さを感じる客席でした。

 

1日目も2日目も終演後23時頃からパーティーがあり、

色々な方と交流できて充実のひと時でした。

 

私生活では携帯落としてほんと大変だった、、

日本でも財布と携帯は年に2、3回落とすけど・・・・・

いつも戻って来てくれてたんだなぁ〜

海外でとうとうそんな甘やかされていた自分に制裁が下ったような。

 

無くして5日目、

やれる術はすべてつくしたと、諦めていたところに・・・・・

神様が現れ、携帯を見つけ出してくれました!!

 

その神様とは、

シンガポールで働いている中学時代の同級生、「堀尾」と「諧」の両人です。

 

警察にまで出向いてくれて、探し出してくれました。

まさに、持つべきものは友!!

10年来の再会に感動し、

感謝、感謝、感謝でした。

 

そんなこんなで、

他にもやらなきゃいけないデスクワークとかもあり、

稽古中はバタバタだったけど、、

公演本番になると、夕方まで時間に余裕もあったので!!

ナイトサファリに行ったり、

団地地区やカフェ、本屋、美術館を巡ったり、

フェスティバルに参加している他の舞台作品やアート作品もいくつか観れて、

充実の2週間でした(^。^)/

 

詳しくい旅の模様はこちらでもどうぞ〜 ^^

らむ之助オフィシャルブログ 『僕、らむ。』

 

 

そして帰国後は、

9月22日の「蜘蛛拍子舞」の大鼓、

9月26日、27日の藤間会に向けて踊り3本、

10月の「GOEMON」の公演に向けてフラメンコ、

11月の「輝虎配膳」に向けて琴、

と稽古三昧でございます (笑)

 

 

「拍子舞」はいつか舞台で打ってみたかった、

テンションの緩急も激しく、タマの部分なんかは最高!!

名曲であり大曲です!!

舞台で演奏できる喜びを噛み締め演奏してまいります^^

 

 

藤間会のお稽古は数少ないお稽古の中で、

それぞれの出演時間は短くても、

ひとつひとつを大切にの精神で稽古に臨んでおります。

沢山の歌舞伎役者が出演の豪華絢爛の会!!

 

 

そして「 GOEMON 」!!

佐藤ティーチャーとの猛特訓が始まりました^^

あ〜2年前が懐かしい、、

もう一度基礎から学び直し、

しっかりと進化した姿をお見せできるようがんばってまいります!!

フラメンコ後の畳み掛けるような、

阿国一座での群舞、

女五右衛門での立ち廻りもバージョンアップしますよ (^。^)/

 

昨日、

菅原小春さんがJ-waveの番組で、

ダンスのことについて色々と話されていたのを聞いていて、

踊りの表現で気持ちを伝える、

その人物の物語を見せる、

そんな役者になりたいなと思った。

 

そう!!

まさに「 GOEMON 」の阿国で僕はそれを体現したい。

 

 

そして11月の「 永楽館歌舞伎 」は、

遂に、、琴を弾くお役を頂戴いたしました。

演奏だけに気を取られず、

気持ちをしっかりと伝えられるよう、

役になりきって、絵面としても美しくみせられるようにと目標をたて特訓!!

 

 

さらに12月は、

3月のバリ島での稽古から始まった「三代目、りちゃあど」、

いよいよ大詰め!!

東京、熊本、大坂、高知、福岡で公演いたしますので、

是非、非日常な舞台空間を味わいにいらしてくださいませ!!

 

SPICE さん、

Time Out TOKYO さん、

それぞれ取材してくださいました!!

ご覧ください^^

 

 

詳しい公演情報は「 WORKS  」の項目でご確認くださいませ!!

 

 

ラストにもう1つ!!

現在、大ヒット中の映画「 君の名は。

劇中に登場する巫女舞のシーンの創作をさせていただいております。

新海監督がお声かけくださったこと、

素晴らしい作品に関われたこと、

ご縁を繋げてくださった方々、

本当にありがとう。

 

これからも突っ走っていきます (^。^)/

 

 

 

 

 

In Singapore 『 Sandaime Richard 』

 

歌舞伎座の公演を終え、次の日にはシンガポール!!

あまりにも用意しなさ過ぎで、29日の早朝に起きてのパッキング・・・・・

案の定、シンガポール着いて荷物あけたらいらないもの沢山!!

こんなに滞在中に本読めないよ〜(笑)

 

シンガポールでの生活も3日目、

着いたら早速、チキンライス with ワインと共に、

機内でまとめたパワポ&資料を元に深夜近くまで打ち合わせ、

どうにかこうにか昨日の夜に歌舞伎と女方についてのレクチャーを終え、

ホッと一息^^

今日は9時から16時の稽古でもそんな疲れてないはずなのに・・・・・

なんだかすぐ眠くなってしまう日々。。

 

時差かな??

いやいや、、1時間しか日本と違わないよ〜ww

たぶんこれは、、

屋外と室内との温度差に完全に身体がやられているようだ・・・・・

まだまだやらなきゃいけなこと沢山あるのに〜

悔しくも、、眠気に負けてしまう毎日、、

ゆっくり飲んだり語ったりもしたいのに・・・・・

 

とりあえず明後日にOFFがあるからそこできりかえよう!!

 

「三代目、りちゃあど」、

静岡の時よりもスタイリッシュなかたちに作品が変化しそうだな^^

 

これからの稽古も毎日楽しみ!!

 

2週間のシンガポール生活、

これから存分に楽しんで参ります (^。^)/

 

p.s

10月の「GOEMON」公演、すでにチケット販売になっているので!!

皆さんよろしくお願いいたいします!!

かなりバージョンアップしますよ^^

 

 

 

 

 

 

 

プロの仕事、1日1日への思い

 

巡業公演も残り10ステージあまり・・・・・

最初は50公演と聞いて、、

果てしない〜 と思っておりましたが、

月日は流れ、明日にはもう関東圏へと戻りラストスパート!!

 

今月は「晒三番叟」を出し物としてさせていただき、

芯で踊ることの責任とチームワークというものを度々考えさせられております。

 

ひとつの演目に関わっている人間は、出演者だけではありません。

演奏家の皆さんも出演者、

舞台作りをしてくださるスタッフさん、松竹の制作巡業サイド、

裏方を手伝ってくださる衣裳さん、床山さん、お弟子さん、付人さん・・・・・

巡業になりますと、各地方の会館の方々。

まだまだ書き落としているかもしれない。

 

劇場の大きさも変わってきて、

いつも飾れる装置が飾れなくなったり、幕が変化したり、

様々なかたちで1人1人が試行錯誤して、1回1回の舞台に臨んでいます。

 

勿論、人間ですから、

コンディションがうまく整わない日、

間違いを起こしてしまう日もあると思うのですが、

常に真剣にその時のベストで取り組む姿勢がなくては舞台に関わる資格はないと改めて痛感し、自分にも言い聞かせるような旅だなと強く感じている今日この頃。

 

ちょっと話は重くなってしまいましたがm(_ _)m

毎日、一座も楽しく^^

「松浦の太鼓」の台詞廻しを楽屋で聞いていて興奮し、

「粟餅」では踊れることの幸せを噛み締め、

この日々がもっと続けばいいのに〜

と終わりがくるのが寂しい気持ちでもいます (> <)

 

1日、1日の舞台の大切さ、緊張感、

それらはこの夏に各方面で行われる勉強会や単発公演では、

さらに高まるものなのではないかと思います!!

 

我々、上方歌舞伎にとって、

大きなイベントは2つ!!

 

僕は近々は関西の舞台に立つご縁がありませんが。。

是非、この2つには皆さん足を運んで、

上方歌舞伎の空気感を楽しんでください!!

 

1、あべの歌舞伎「晴の会」

7月29日 18:00 〜

7月30日 11:00 〜 / 16:00 〜

7月31日 11:00 〜 / 16:00 〜

8月1日 11:00 〜

http://kintetsuartkan.jp/soranokai2016/

 

数々の舞台で共演し、

時には様々なかたちで助けの手も伸ばしてくれるお三人!!

これからの上方歌舞伎を一緒に盛り上げていく仲間だとも思っています。

この挑戦を見逃すことなく、

そして支えてください!!

 

 

2、第26回 「上方歌舞伎会」

8月24日、8月25日

11:00 〜 / 16:00 〜

http://www.ntj.jac.go.jp/schedule/bunraku/2016/5361.html

 

毎年恒例の上方歌舞伎会!!

今年は、遂に!!遂に!!

「夏祭浪花鑑」が実現!!

「五條橋」と「団子売」の踊りまでついて、豪華 (^。^)/

成駒家一門からは、

翫之さん、鴈大さん、翫政くん、光くん、そして未輝の出演です!!

こちらも是非!!

 

わぁ〜僕も早くお辰がやってみたいよ〜(^ ^)